観光列車って知ってる?普通の列車とは違う特別な観光列車の魅力

観光列車に乗って電車の良さを満喫しよう

電車には色々と種類があり、貨物列車など特別な目的の為に作られた列車があります。そして、観光目的で作られた列車が観光列車です。普通の列車と観光列車は、どちらも乗車して移動する手段として使うのは変わりませんが、列車自体や内装に装飾が施されていたり、列車の中でおいしい食事が楽しめたりする点が違います。アニメのキャラクターが描かれた列車もあり、アニオタなど鉄道オタク以外の方にも人気があります。ちなみに、観光列車の他には観光特急やリゾート列車などもあります。細かい違いについては割愛しますが、どれも観光旅行を楽しめる列車となっていますので、鉄道ファンの方や旅行好きの方は必見です。

“観光列車って知ってる?普通の列車とは違う特別な観光列車の魅力” の続きを読む

受け継がれるアラブの伝統!ドバイの街中を散策

モスクを訪ねてアラブ文化に触れる

神秘なオーラを放ち不思議な魅力に満ちたアラブのイスラム文化は、異教徒には閉ざされたイメージですが、実はドバイには、一般に開放され、見学だけでなく写真撮影も可能なモスクも存在します。ドバイの街中を散策すると、時折、聞こえてくるのが、1日5回にのお祈りを呼びかけるアザーンの声です。ドバイで触れるイスラム文化は、絢爛な魅力にあふれていますよ。贅をこらした装飾が美しい建築を眺め、さらに礼拝堂に入り、空間を彩る壮麗な幾何学模様を目にすれば、濃密で美しい世界観に圧倒されるでしょう。イスラムへの理解を深める価値ある体験となります。訪れるときには、露出の少ない服がマストです。偶像崇拝を禁じているので、キャラクターやモチーフの服やアクセサリーなどはNGなので注意しましょう。

“受け継がれるアラブの伝統!ドバイの街中を散策” の続きを読む

あまりお金を使わずに楽しめる国内旅行先はココ!

旅行を楽しめるかどうかはお金が全てじゃない

旅行を楽しめるかどうかは、お金が全てではなく、あまりお金をかけなくても十分楽しめる旅行先やレジャーは沢山あります。ですから、交通費くらいは出せるけど、旅行先でお金をたくさん出すイベントには参加できないという方は、コスパの良い節約旅行をしてみましょう。まず、おすすめの節約旅行先としては花火大会や登山があります。基本的に花火大会は、升席などを希望しなければ無料で誰でも見られます。花火を見に行く国内旅行なら、必要になるお金はほぼ交通費だけで済みますし、綺麗な花火は良い思い出にもなります。夏から秋にかけて、日本国内では色々な花火大会が開催されていますので、節約旅行をしたい方は花火大会の情報をチェックしてみましょう。

“あまりお金を使わずに楽しめる国内旅行先はココ!” の続きを読む

春夏秋冬楽しめる満足度の高い国内旅行なら温泉へ

日本は温泉大国だからこそ温泉がオススメ

日本には多くの温泉があり、世界的に見てもその数は非常に多いです。例えば、国が調査したデータによると、その数は約3,000ヶ所もあるとされています。また、宿泊施設がある場所が3,000ヶ所で、源泉の数を見れば2万7,000ヶ所とも言われ、日本は世界有数の温泉大国だということがそのデータから分かります。ですので、国内旅行の計画を立てている最中の方には、日本の温泉施設へ出かける旅行もオススメです。日本は昔から温泉を始めとした観光業が盛んで、日本各所に温泉宿が存在します。日頃、体が疲れていると感じる方は、温泉に入ってその疲れを取る旅行にしてみてはいかがでしょうか?ちなみに、温泉によっては疲労回復や美容に良いとされる効能がある温泉もあります。

“春夏秋冬楽しめる満足度の高い国内旅行なら温泉へ” の続きを読む

1000年前に造られた驚異の高層建築!サナア旧市街地

独自の文化を守り続けている街

アラビア半島南部に位置するイエメンには「生きた博物館」と称される街があります。それが世界遺産サナア旧市街地です。サナア旧市街には、約6,000棟の高層住宅が立ち並んでいます。これらの建物は古いもので1000年以上前に造られました。コンクリートや鉄筋などの補強材は一切使っておらず、日干しレンガや花崗岩などを積み上げて5階建て以上の建物を作っているのは驚きの光景です。1、2階に窓をつけないことで建物の強度を上げる工夫がされています。
このように高い建物が造られるようになった背景には、交易で栄えた歴史があります。昔この土地は、乳香という金よりも貴重な香料の産地として有名になり、交易によって膨大な富が築き上げられました。しかし、次第にその富を巡って争いが起き、人々は自分の身と財産を守るために、高層住宅を造ったのです。

“1000年前に造られた驚異の高層建築!サナア旧市街地” の続きを読む

国内旅行をしたい!おすすめの魅力的な都道府県3選を紹介します!

日本一の面積を誇り、広大な自然が広がる北海道

日本国内で一番面積が広い都道府県といえば、北海道ですよね。北海道には広大な自然が広がっており、他の場所ではあまり見ることが出来ない光景を見ることが出来ます。北海道は全国と比較して気温が低く、涼しいので夏には避暑地として行くのにおすすめです。冬に行くとスキーやスノーボードなどのスポーツを楽しむことができます。また、迫力のある雪像が見れる札幌雪まつりも一見の価値があります。他にも北海道では流氷ツアーが盛んで、流氷砕氷船に乗ってオホーツク海の流氷を見ることが出来ます。迫力のある船旅を経験できるのでこちらもおすすめですよ。

“国内旅行をしたい!おすすめの魅力的な都道府県3選を紹介します!” の続きを読む

海外旅行に持って行くと必ず役立つ便利グッズ3選!

使い捨てスリッパを持って行くべし!

日本のホテルだと当たり前のようにあるスリッパ。実は海外のホテルでは、備え付けのスリッパが無かったり、質がいまいちだったりすることが多々あります。そんな時に役立つのが、日本から持参した使い捨てのスリッパです。この「使い捨て」とういところがポイントだったりします。
楽しく旅行を終えて、いざ帰りの準備をしようとするとお土産などで荷物が入らないなんてこともありますよね。それを見越してスリッパを持参するときは、使い捨てを選ぶことをおすすめします。

“海外旅行に持って行くと必ず役立つ便利グッズ3選!” の続きを読む

観光地でいろんな場所を見てまわるならレンタカー

時間を有効活用できます

国内旅行に出かける場合、人によっては自家用車を用いて観光目的である場所まで移動します。これは電車の乗り継ぎやその他待ち時間などを短縮できますし、途中で立ち寄りも簡単にできます。しかし、途中の渋滞に巻き込まれたり、運転する人にとっては目的地に到着するまでに結構疲れが溜まります。近距離への旅行の移動であれば、そこまで疲れることは無いかもしれませんが、それでも疲れをできるだけ少なく目的地に達するためには、電車やバスや飛行機を利用することをおすすめします。その場合、目的地周辺の空港や最寄り駅までは楽々行けますが、その後の移動がまた大変になる可能性がでてきます。そんな時にとても便利なのが観光地周辺でのレンタカーです。レンタカーを利用することで、観光地周辺の移動が楽々行えるようになります。

また、運転する人も観光地周辺だけの移動であれば、それほど疲れが溜まってしまうこともないでしょう。これで、観光名所も楽々車で移動できるので、かなり広範囲をまわれて、疲れ知らずです。

“観光地でいろんな場所を見てまわるならレンタカー” の続きを読む

インドネシアの観光ならここがおすすめ!ボロブドゥール寺院遺跡群

不思議な構造をしたボロブドゥール寺院

世界遺産にも登録されているボロブドゥール寺院遺跡群は、カンボジアの「アンコール」、ミャンマーの「パガン」とともに世界三大仏教遺跡に数えられています。インドネシアのジャワ島にあり、770年から820年にかけてシャイレンドラ朝の王によって造られたとみられています。しかし、王朝が衰退するとその後はヒンドゥー教が信仰されるようになったため、寺院は放棄されてしまいます。19世紀、当時ジャワ島を統治していたイギリスの総督によって発見されて、再び日の目を浴びるようになりました。

ボロブドゥール寺院は、約120m四方の基壇の上に5層の方壇があり、さらにその上に3層の円壇が重なる形になっています。円壇の頂上には直径16mの仏塔が据えられています。基壇から仏塔までには、504体の仏像が置かれています。さらに、5層の方壇には回廊があり、その壁には全長5kmに及ぶ仏典の浮彫が施されています。
ボロブドゥール寺院は世界最大の仏教遺跡ですが、構造上、内部に入ることができません。これはマンダラを立体で表しているからだと言われています。回廊の浮彫を見ながら頂上を目指すことで仏教の真理に到達できるので、内部には重要ではないというわけです。

“インドネシアの観光ならここがおすすめ!ボロブドゥール寺院遺跡群” の続きを読む

アケメネス朝の繁栄を物語る神殿跡!ペルセポリス

観光地としてのペルセポリス

紀元前6世紀、現在のイランで誕生したアケメネス朝ペルシアは、インドやエーゲ海岸、北アフリカにまで勢力を拡大して一大帝国を築き上げました。ペルセポリスは、第3代ダレイオス1世が建設した都で、総面積12万5,000平方メートルという巨大なものでした。今も残る遺跡跡は、当時の繁栄ぶりをまざまざと見せつけてくれます。
ペルセポリスで観光客の注目を集めるのが「アパダナ」と呼ばれる宮殿です。他の建物よりひときわ大きく、各国の使者がダレイオス1世に謁見するときに、使われていました。ペルセポリスには建物の壁にさまざまなレリーフが刻まれていて、王の権威を示すものでした。アパダナのレリーフには、王に捧げものをしている各国の使者の姿が見られます。このほかにも、ペルセポリスからは王座殿や兵舎、宝物庫などが見つかっています。
営業時間は8:00〜20:00、入場料は150,000リアル(約400円)と安く設定されています。

“アケメネス朝の繁栄を物語る神殿跡!ペルセポリス” の続きを読む